フリーター・既卒・第二新卒でも成功する就職

パート先で働いている20代前半のフリーターの会話を聞いて、何故、就職しないといけないのか考えてみました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

就職しないといけないのか?

フリーター・既卒・第二新卒でも成功する就職
パート先には高校生バイトや大学生バイトとフリーターの子達が多く、パート勤務の主婦が私だけの職場に少しだけ肩身が狭い思いをしてまいます。ふとある日の休憩時間に大学生バイトの会話でどうしても耳に離れない会話がありました。それは、就職しなくてフリーターでもいいんじゃないか?という会話です。バイトの子達に役者の卵やアートデザイナーの卵が夢に向かってバイトの掛け持ちして頑張っています。自分の本業で食べていくまでは時間が掛かるため、バイトとの両立には納得がいきます。

就職活動がめんどくさいからフリーターでいるというのは本末転倒だと感じます。就職活動のノウハウは大学でも教えてくれません。自分で考えて、何十社以上の面接を受け、時にはお祈りメールで落ち込み社会の厳しさを学生のうちに体感できます。苦労して掴んだ内定した企業に入社すれば、自然的に社会的信用が手に入り、賃貸物件を借りるための審査にもパスすることができるんです。私も30代になってから自分で納得できました。結局、自分で体験しないと解らないことなのです。

オススメワード

Copyright (C)2017フリーター・既卒・第二新卒でも成功する就職.All rights reserved.